上手な相続税の節税方法

相続税の節税で知っておくべきポイントを説明

相続と節税の仕方

相続税は、人の死亡を原因として財産の移転が行われるときに課税される税金なのです。死亡前の財産の移転は、贈与税で補完されています。相続税は相続財産から非課税財産や債務・葬式費用を除いた課税価格が相続税の基礎控除を超えた場合に課税される税金です。

非課税財産には墓地や仏壇など祭祀用具、国などや特定の公益法人への寄付、生命保険金の法定相続人一人当たり5百万円、死亡退職金の法定相続人一人当たり5百万円などがあります。

相続税の基礎控除は5千万円と法定相続人一人当たり1千万円の金額が控除されるのです。相続税は被相続人の死亡による財産の移転について課税するので人の寿命を予測して節税を図ることは大変難しいといえるでしょう。

法律も時の流れで変化し、将来を予測するのは出来ない。昔は相続税の最高税率は70%であり、現在は50%で今後は55%かもなどを考えると絶対的節税などはなく、現状での節税対策となるが、最高の税率が50%であるので国と半分づつの相続と考えると現金や不動産、株式などの有価証券等様々な形の相続財産のうち残したい財産を考えて税金対策をすることです。

例えば残したい財産に借入金などの債務があれば、債務も相続し債務の部分は相続財産からは除かれるなどは一つの節税対策であると考えられています。

相続の仕組みを知り節税対策

親や身内が亡くなった時は多かれ少なかれ相続問題が発生します。相続税を取られたくないといろんな手を講じて節税するのですが、どれ位の節税ができるのでしょうか。

相続は人の死に起因して、その人の遺産を相続することになった時に発生します。死亡した人を被相続人と呼び、遺産を相続する人を相続人と呼んでいます。相続人は、原則として、民法の規定による相続人を言いますが、相続税法では独自に相続人について規定しているのです。相続人は配偶者と第一順位から第三順位までの相続人の法定相続分を定めています。

法定相続分は遺産の分割協議が終了しなければ税金計算が出来ないこととなるので一応の税金計算が出来るように法定相続分での税金計算を行えるようにするために利用し、遺産分割協議が確定したら実際の分割財産の相続税を計算して精算するのです。

相続財産には、動産や不動産で分割できない財産も有るので、また、10月では分割協議が終了しない場合もあるので前述の法定相続による相続税の計算を認めているのす。相続税の基礎控除は5千万円と相続人一人当たり1千万円の控除がありこれを超える相続財産に税金がかかる仕組みになっています。

相続税で損をしない為には

民法では第一順位の子供から第三順位の兄弟姉妹の別格である配偶者は必ず法定相続人の第一番目の人です。法定相続分も2分の1から4分の3と相続分の優位があります。

相続税では配偶者控除の特例があります。法定相続分と1億6千万円のどちらか高い金額が控除されます。ただし、これは遺産分割協議書の作成と実際の分割が行われることの条件が付いています。期限内に分割協議が出来ない時は税務署に届出をすると3年間待ってくれます。

分割が出来ない時(未分割)の時は法定相続分で申告しておき、分割が終了して実際の相続分で再度申告をして精算する。法定相続分が3億円あれば3億円が配偶者控除となり、1億円であれば1億6千万円が配偶者控除となるのです。課税の相続財産が1億6千万円以内であれば、配偶者が1人で相続すると税金がかからないことになります。

相続財産は、現金のように分配がすぐに出来るものと出来ない不動産の様なもの。不動産でも担保などの権利関係で相手の合意等が登記上で必要な場合など、実際の分割が申告期限の10ケ月で終わらないこともあります。それでも申告は期限内にしないと特例が使えないこともあるので、未分割でも法定相続分で一応申告するのです。仮に配偶者控除がなく、税金を納めても、3年内に配偶者控除をうけ税金が0円の時は還付されます。

立川院と新宿院で安全に医療脱毛 医療レーザー脱毛でムダ毛のないツルツルお肌へ