医療費控除で節税効果

節税効果が大きい医療費控除の使い方を説明

医療費での節税

普通に支払っている医療費での節税効果を考えてみましょう。医療費控除は所得税の税額計算で確定申告により受けられる控除で、サラリーマンが会社でうける年末調整には含まれない控除の事なのです。医療費控除はその年中に本人や生計を一にする親族が支払った医療費で一定金額を超えたものは医療費控除として税金の計算上控除して税額を計算しています。

医療費控除の対象となる医療費は医師や歯科医師の診療や治療にかかった費用で健康診断とうの費用でないもの、必要な医薬品の購入代金で家庭用常備薬でないもの、病院等の施設へ収容されるための人的役務の提供、あんま・指圧等の施術の費用で治療に関係のないものを除く、看護師等の療養上の対価(家族等に対するものを除く)介護保険制度の自己負担分、その他診療や治療に必要なものの費用があげられる。医療費控除を受けるためには確定申告書に領収書の添付や提示が必要です。

病院までの交通費も控除の対象に

医療費以外の控除方法も大きな節税効果として挙げられます。原則限度額は2百万円です。寝たきりの病気治療に利用するおむつは医療費で、乳幼児のおむつは医療費ではない、医師が治療の為だと利用する車椅子は医療費でその他の車椅子は医療費ではない。

歯科医師の治療のため費用でも子供の見た目が悪いので、歯の矯正治療をしたのは医療費ではなく、病気治療のため歯科治療をしたのは医療費など数え上げるときりがないほどの状況で、領収書で医療費かどうかなど解るはずもない事が堂々と法律解説書や税務署の手引き書に書いてあるのです。領収書に触れると医療費かどうかが色分けでもされて出てくるのでしょう。

税務署には占い師がおられるのか、人工知能のコンピュータでしょうか、すごいですねー。親戚に治療のためだからと言ってくれるお医者さんがいませんか?節税ののためだからお医者さんと知り合いになっておきましょう。

これが節税対策だ病院までの交通費は領収書がなくてもバスや電車の料金は控除の対象になります。通院していない日の交通費はダメですよ。日付けは注意です。タクシー代は領収書を受け取ろう。ご近所さんの通院に相乗りしても通院していれば大丈夫ですよ。誰も見ていないし覚えていない。知恵と努力が節税への道です。領収書は無口で、口が堅いのです、信頼してあげましょう。