FXの税制

FXは本業が副業かで税金がかわるります。税率をしっかり理解しよう

FXは本業が副業かで税金がかわる

FXで得た利益を節税して大きくしたいのですが、税率から覚えておきましょう。外国為替証拠金取引をFXといい、金融商品についての取引を一定の保証金の担保にして店頭取引または取引所での取引があり、それぞれ税制上の取り扱いが異なります。店頭取引では個人であれば、所得税の総合課税の対象となります。

その内容が本業であるか副業であるかにより、事業所得または雑所得として税金の計算が行われています。事業所得は青色申告の選択ができる所得で、青色申告の特典を利用するとかなりの節税効果を上げることができます。それに対しては雑所得は利益が生じた場合は税金の対象になりますが、損失の場合は損失はなかったものとして、他の所得との損益通算を認めていなのです。

取引所取引では、原則、先物取引に係る雑所得等としての20%(所得税15%と地方税5%)の申告分離課税がなされています。この場合の損失は原則として、他の所得との損益通算は認められていないません。

ただし、一定の要件で、3年以内の各年分の先物取引に係る雑所得等の金額から控除することができます。会社組織や団体での取引には、法人税法による法人税が課税されるのです。

FXの税率とは

FXで儲かったは良いが、FXにおける税率を考えられたこと、ありますか?節税には欠かせない、FXの税率から考えてみましょう!

外国為替証拠金取引をFXといい、一定の元金(保証金)、例えば、100万円の元金では、レバレッジ50倍の場合は5千万円の金融取引が出来るという仕組みである、ただし、手数料等があるので単純ではないのですが、簡単にいえば先ほどの説明のとうりの少ない資金でも、大きく取引ができることをレバレッジ倍率というが、日本ではレバレッジ倍率の規制があり現在は先ほどの倍率での取引になります。

外国では400倍とか、規制のないものもあるが、ハイリスクでハイリターンもあるが損失も大きくなることもある。国内業者の規制のための日本では先ほどの倍率規制がある。これは、個人向けであるので、会社組織であれば別です。

個人の税金は所得税が課税されるので、所得税は超過累進税率で総合課税される。これは、5%から40%まで一定金額を超えるごとに税率が高くなる仕組みで地方税を含めると50%近くまでの税金になる場合もあります。

ただし、これは、店頭取引の場合ですが、年間利益が20万円以下ならサラリーマンの場合は申告はいらないので無税となる場合がある。取引が、取引所取引等場合は20%の税金が差し引かれることで税金計算が終了する、申告分離課税の選択ができます。20%の内訳は、国税が15%で地方税が5%となっています。

関連情報

FXセミナーが豊富。FXでの節税など初心者向けセミナーを開催